ティーベイション社長のビジネス奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS フィンランド流?

<<   作成日時 : 2010/09/03 16:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回からの続きです。かの「フィンランド流6時に帰る仕事術」には、フィンランドが

「残業ゼロなのに、国際競争力世界一」

であり、それを実現している根底の理由として

1.欧州人のスローライフ志向の価値観

休暇は法律で年間30日取得が義務付け(ドイツ)

家と車以外は徹底して倹約する(ドイツ)

お金をかけないで内容の豊かな生活を作ろうとする

2.優れた人材育成システム

学校が無料

独創性、独立心を高める教育

教員のレベルが高く、教師は憧れの職業

落ちこぼれを作らない、落第は権利

3.自然と共生した質素な生活

国民の10人に一人が別荘とサウナを持っている

 

などをあげています。

もちろん、このような面を支える財政基盤として、消費税率22%(最高で。モノによって17%や8%らしい)という条件がありますが。

 

しかし、このような高額な消費税を払っても、その結果、精神的に豊かな生活ができ、老後も安心でくるなら、どこかの国よりははるかに住みやすいように思います。

 

どこかの国の国民も、価値観をそろそろ変えてはいかがでしょうか。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィンランド流? ティーベイション社長のビジネス奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる